2017年10月22日日曜日

【ペーパークラフト】カナブン

雨が続き、今日は台風が近づいてきました。
被害にあわないようお気をつけください。

さて、久しぶりの作品はカナブンです。
非常にポピュラーな昆虫ですね。
でも、カブトやクワガタを探しに行って、ついでにいるみたいな存在。
人気はいまいちかも・・・
あっ、私は好きですよ(^_^;)
しかし、こやつは金色で光沢があるので、そういう紙を使う必要があります。
そこでスタードリームという紙を使ったのですが・・・
これが高いんですよ。
しかも作品は大きいし(笑)
とは言え、無事に完成してホッとしています。

今は大変人気のある昆虫を作っています。
うまく作れるだろうか・・・

2017年10月7日土曜日

【ペーパークラフト】オオクワガタ

めっきり寒くなって服装も一段厚くなりました。
虫の季節も終盤戦。
寂しくなりますね(^_^;)

さて、作品はオオクワガタです。
クワガタの中でも大変人気のある昆虫です。
外見が似ているので、コクワガタやヒラタクワガタにならないように気をつけました。
大顎の形や全体の形など、オオクワガタらしくなったかなと思います。
個人的にもけっこう気に入った作品になりました。
サイズはこんな感じ。
さすがにこの大きさは写真を撮るのが大変です(T_T)
でもまだ大きな作品が続くので頑張らねば・・・

2017年9月27日水曜日

【ペーパークラフト】セイヨウミツバチの働き蜂

週末の旅は満喫してきました。
クスサンに始まり、クスサンに終わった旅でした。
大きな蛾は良いですよ~。

さて、作品は予告通りセイヨウミツバチの働き蜂です。
眼(複眼)もちゃんと作っているのですが、まわりが黒いから分かりにくいですね(^_^;)

働き蜂と言えば花粉団子。
これがないとちょっと寂しいので、しっかり着けてみました。
サイズはこのくらいです。
大きい作品はまだまだ続きます(笑)

2017年9月19日火曜日

【ペーパークラフト】セイヨウミツバチの嬢王蜂

とあるハチは実はミツバチでした。

ミツバチは日本に2種類います。
在来のニホンミツバチと、明治時代に輸入され始めたセイヨウミツバチがいます。
色々と違いはありますが、見た目は黒っぽいのがニホンミツバチ、黄色っぽいのがセイヨウミツバチです。

今回はセイヨウミツバチ、その女王蜂を作ってみました。
ミツバチと言えば、そのモフモフした外見、ようするに毛の感じ。
これが特徴なのですが、これが悩みのタネでした(^_^;)
全部を再現したら大変なことになるので、ある程度の部分におさえました。

翅はOHPシートを使いました。
これ以上大きくするとOHPシートがヘタってしまうので、サイズはとりあえずこれくらい。
しかし、写真では翅が見づらいですね(^_^;)

来週は働き蜂をアップします。
働き蜂の方がよく目にするし、花粉団子がアクセントになってわかりやすいかもしれませんね。

週末はちょっと旅に出ます(笑)

2017年9月10日日曜日

【自然観察】オニヤンマ

ペーパークラフトは、とあるハチを作っています。
しかも何を血迷ったか(笑)働き蜂と女王蜂を一緒に作っているので時間がかかっています。
完成まではもう少しお待ち下さい(^_^;)

と言うことで先日の虫撮りの話しです。
茨城県のある場所で大好きなオニヤンマがたくさん見られたし、たくさん撮れました。

生き物の写真は基本的に眼にピントが合うようにしています。
昆虫の場合は複眼です。

この写真は背中にピントが合っているのでいまいちですね。
こちらは満足!!
こちらは、2匹が争っているうちにバチッと音がして1匹が目の前に止まりました。
どうも動かないと思ったら、右の中脚の先がありません。
争いで失くしたのでしょうか。
申し訳ないけど接写させてもらいました。
申し訳ないけどカッコイイです・・・

で、驚いたのはこれ。
1匹だと思ったら・・・
2匹のオニヤンマが止まっていました!!
そもそも大きいトンボなので、連なっていると壮観ですね。

朝晩は過ごしやすい気温になりましたが、この日はアブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシの声が響き渡っていました。
秋にはちょっと早いかな。

2017年8月30日水曜日

【ペーパークラフト】オオスズメバチ

お久しぶりです。
週末までまた雨・・・
今年は天気に恵まれません(^_^;)

さて、作品はオオスズメバチです。
サイズは私の手と比べてみれば分かるように大きいです。

と言うか・・・
最初は置いて撮影していたのですが、どうしてもまわりが写ってしまって思った角度で撮れないので持って撮影したんです(^_^;)
スズメバチの仲間は、止まった時に翅を縦に折ります。
しかし、折り方が今ひとつわからないので、翅を広げてこれから飛ぶ状態にしてみました。
もちろん翅は折っていません。
あと1日で8月も終わりです。
もう9月かあ・・・
雨ばっかりの夏でしたが、もう少し普通の天気になって欲しいものですね(^_^;)

2017年8月13日日曜日

【ペーパークラフト】カイコの終齢幼虫

お盆休みですね。
しかし、どうも天気がスッキリしなくて夏らしくないです。
あまり暑いと大変ですが、それなりには晴れて欲しいところです。

今日の作品はまたカイコ。
カイコでも終齢幼虫、いわゆるカイコですね(笑)
個人的にはいい形で作れたかなと思います。
どうしてもモスラの幼虫を思い出してしまいますが・・・
ポーズは真っ直ぐだと棒みたいなので、頭を上げた姿勢にしました。
しかし、カイコは脱皮の前にこの姿勢で動かなくなります。
これは「眠」というのですが、終齢幼虫は「眠」がなくて次は繭を作るんですよね。
とりあえず「眠」でなくてもこの姿勢はよく取られるので良しとしましょう(^_^;)
サイズは前回同様に大きいです。
しっかり立てることを意識したら、ちょっと腹脚が大きくなっちったかな・・・

さて、これからお墓参りに行ってきます。
とりあえず雨はないようなのでホッとしました。

2017年8月5日土曜日

【ペーパークラフト】カイコの毛蚕

お久しぶりです。
気がつけばもう8月。
地元では大きな祭りも花火大会も終わりました。
夏は特に早く過ぎていきますね~。

かなり間が空いてしまいましたが、色々と作品はつくっています(^_^;)
これからしばらくは大きな作品が続きますね。

今日の作品は毛蚕です。
毛蚕は「けご」と読みます。
毛蚕はカイコの生まれたばかり、ようするに1齢幼虫の呼び方です。
カイコと言うと、白くて毛の無いイモムシを思い出すと思いますが、生まれたては黒くて長い毛が特徴です。
小さくてアリのようにも見えるので蟻蚕(ぎさん)と呼ばれることもあります。

実物は3mm程なのですが、作品はこんなサイズです。
興味のない人には大きな毛虫に見えますね(笑)

ちなみに、毛がみんな上を向いていますが、運搬を考えてこの状態になっています。
実際に使うときには、もっと広がるように折りなおしたいと思っています。

しかし、梅雨の間はあんなに暑かったのに、梅雨が開けたら曇りばかり・・・
夏は夏らしい天気になって欲しいですね。

2017年7月16日日曜日

【ペーパークラフト】ダイオウグソクムシの作り方

今回は私がデザインしたダイオウグソクムシの簡単な作り方をお知らせします。
本当はもう少し早く書きたかったのですが、急性胃腸炎でダウンしていたので遅くなってしまいました(^_^;)

まずはこのセブン&アイ限定特典です。
入手方法は前回のブログを御覧くださいね。
ペーパークラフトの部分だけ切り取ると作業が楽です。
左右対称なので真ん中から折ります。
ハサミで外側の切り取り線の通りに切ります。
左右一緒に切るので時間が短縮できますが、広げて全体を切っても大丈夫です。
切り終わったら一度開いて、折り線のとおりに折ります。
※山折り線、谷折り線はセブン&アイ限定特典の「作り方」を御覧ください。
もう一度真ん中で折れば出来上がりです。
しかし、このままでは背中が真っ直ぐなので、節毎に両手で少し丸くなるように整えます。
紙が固くて難しい場合は、下記の様に斜めに折り目を入れても丸くなります。
背中が丸まってダイオウグソクムシらしくなりました。
もう一つコツがあります。
さきほどは縦に背中を丸めましたが、下から指を入れて横方向にも丸みが出るように押します。
これで、さっきよりも丸みが出て、より本物っぽくなったと思います。
以上がペーパークラフト「ダイオウグソクムシ」の作り方でした。
格好良く作れるように頑張ってくださいね!!
私は早く胃腸炎を治します(^_^;)

2017年7月9日日曜日

【ペーパークラフト】ダイオウグソクムシをデザインしました

もう七夕も終わってしまいました。
今日も虫撮りに行ってきましたが、カブトムシも一杯で虫真っ盛りになってきました。
日々が早すぎてついていけませんね(^_^;)

さて、今日はお知らせです。

今夏、全国の書店店頭、セブンイレブン、セブンネットで、PHP研究所から図鑑「極限世界の生き物」「なぜ?どうして?昆虫」の廉価版が発売されます。
廉価版なので、どの程度の雑誌かなとちょっと心配だったのですが、とても素晴らしい本でビックリしました。

この、セブンイレブンかセブンネットの販売分に「セブン&アイ限定特典」が付きます。
特典はダイオウグソクムシのペーパークラフトなのですが、このデザインを担当させていただきました。
セブンイレブンでの販売は7月11日以降順次開始、ネットでは7月14日に販売開始です。

詳細はセブンネットの下記ページを参照して下さい。

◆「なぜ?どうして?昆虫」はこちら

◆「極限世界の生き物」はこちら

工作好き、生き物好きのお子様にはとても面白い本、ペーパークラフトになっていますので、ぜひお楽しみ下さい。

次回は作り方のコツなどを書いてみようと思います。

2017年7月1日土曜日

【ペーパークラフト】シロスジカミキリ

ジメジメしていて嫌になりますね~
体もだるくなってきます。
そう言えば、最近やたらと納豆が食べたくて、ここ1週間は毎日食べています。
何かが不足しているのかも・・・

今日は久しぶりにペーパークラフトです。
シロスジカミキリを作ってみました。
本当は背中の模様などは、生きている時は黄色で、死んでしまうと白になります。
イメージ的には白なので白くしましたが、やっぱり黄色で作らないとリアル感がないのかなと思いますね。
サイズはこんな感じですが、日本最大種のカミキリムシで実際にこのくらいあります。
カミキリムシの中では一番好きなんですが、本当に何年も出会っていません。
毎年、今年こそはと行っているのですが(笑)
ただ、あてが出来たので何とか出会いたいと思います。

と言うことで、今日から7月、2017年も早くも後半戦です。
秋のイベントに向けて動き出しますね。
それにしても日々が早すぎます・・・

2017年6月25日日曜日

【自然観察】トンボ日和⑤

久しぶりにぐんま昆虫の森に行ってきました。
トンボ好きな私にとっては楽しい一日となりました。
この時期には行ったことがなかったので、これまでここでは見たことがないトンボが見られて良かったです。

キイトトンボ
ショウジョウトンボ
オオシオカラトンボ
ノシメトンボ
アキアカネ
今シーズンはじめて
ウスバキトンボ
これも今シーズン初
コサナエ
サナエトンボの仲間は見られないと思っていたので嬉しかったです。
コオニヤンマ
オニヤンマを見たかったのですが、「おっ!!」と思ったらみんなコオニヤンマでした(^_^;)
ハグロトンボ
ニホンカワトンボ
ちょっと遠かったので分からなかったのですが、あとで写真を見たら交尾、産卵を偶然撮れていました。
ニホンカワトンボは、単独産卵で、オスは近くで見守っています。
オスの左下でメスが産卵しています。

他には、シオカラトンボ、アオモンイトトンボ、アジアイトトンボ、モノサシトンボも確認できました。
天気も思ったより良かったので満足の一日でした。

でも、時期的にオニヤンマも見たかったなあ・・・